契約解除0秒で速攻始動 元関ジャニ∞錦戸亮の“新しい地図”

公開日: 更新日:

 元関ジャニ∞錦戸亮(34)が9月末でジャニーズ事務所を退所し、1日、自身のホームページ、SNS(インスタグラム、ツイッター、YouTube、中国版ツイッター・ウェイボー)、自身のレコードレーベル、ファンクラブを開設。早くも11月5日の福岡公演を皮切りに、全国ツアーを開催することも発表した。

「何もない、0からモノを作ってみたくて、自主レーベル“NOMAD RECORDS”を設立致しました」とし、関ジャニのミュージックビデオなどを手がける中村哲平氏がティザー映像(予告編)も公開。アイドル色を払拭し、錦戸のアーティスト志向を示した映像で、YouTubeの視聴は半日で50万回超え。さすがの人気を示した。

 退所後0秒、準備万端の船出となった錦戸。自身の描くビジョンはハナから海外に目が向いている。

「アーティスト志向が強い錦戸にとって今回の(SNSなど)インフラ整備はただのスタート地点にすぎない。彼は赤西仁山下智久城田優らと仲のいい、いわゆる“赤西派”。さらに松本潤小栗旬らもいる“意識高い系”メンバーです。ジャニーズと並行してウィル・スミスの事務所とエージェント契約した山下、中国市場でキムタクよりも成功している赤西が友達ですから、錦戸が海外進出を視野に入れているのは確か。ウェイボーを同日開設したのもその一つ。最近出演していた『関ジャム 完全燃SHOW(テレビ朝日系)』で以前よりも声域が広がっていて、相当歌のトレーニングを重ねていると音楽関係者の間で話題になり、実力面もちゃんと準備している」(音楽関係者)

 仲間内では“遅咲き”感のある錦戸。“新しい地図”には未開の大地が広がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る