米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

公開日: 更新日:

 1月期の連ドラ戦線で目につくのが「医療モノ」の乱立ぶりだ。そのブームをつくり上げ、昨年10月期に第6弾が放送された米倉涼子(44)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に打ち切り説がささやかれているという。

 1月期は松下奈緒(34)主演のフジテレビ系「アライブ がん専門医のカルテ」、天海祐希(52)主演の日本テレビ系「トップナイフ―天才脳外科医の条件―」など、病院や医師を題材にした連ドラが、やたらと目立つ。

「今期はなんと6本に上っています。医療モノの飽和状態に視聴者もへきえきし始めていますが、そのきっかけをつくったのが『ドクターX』。高視聴率続きの同シリーズにあやかり、各局が二番煎じを連発したのが、今のこの状況。しかし当の『ドクターX』自体に、終了する可能性が浮上しているのです」(ドラマ制作会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る