CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

公開日: 更新日:

 もはや引退待ったなしか。1月23日発売の「週刊文春」に不倫疑惑を報じられた俳優東出昌大(31)。東出は15年に妻の杏(33)と結婚し、2人の間には双子の女児と第3子となる男児がいる。今回の不倫相手は女優の唐田えりか(22)とされ、東出の所属事務所は文春報道について「書かれている事柄はほぼ事実」と認めた。

 東出は連続ドラマ「ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~」(テレビ朝日系)に主演している。同局は降板を否定しているが、他の仕事には早くも影響が出始めている。出演中のホンダのミニバン「フリード」のCMについて、同社は「適切な対応をしていきたい」(企業広報部)とコメントし、契約解除の可能性を示唆した。

「フリードはファミリーカーですから、今回の不倫疑惑は極めてイメージが悪い。CMの打ち切りは時間の問題でしょう」(広告代理店関係者)

 実際、ネット上の投稿欄を見ても次のような厳しい意見が相次いでいる。<CMの打ち切りは必至だと思う。スポンサーも妻が妊娠・育児中に不倫していた男を良き父親、良き夫のイメージで起用し続けられるはずがない><あれだけイクメンだなんだと騒がれていたのに妻が妊娠中から不倫していましたでは、子育て中のパパ達の反感も買ったのではないか>

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍