損害賠償請求へ…東出不倫の傷口深めた事務所の“雑な対応”

公開日: 更新日:

 不倫報道後、東出昌大(31)は一斉に出演広告が削除され、CM打ち切りの動きが進んでいる。

 スポンサーは東出の“クリーン”で家族愛あふれるイメージが起用理由だっただけに怒り心頭。CM起用していたフジ住宅は契約の打ち切りを決定。

「お客さまからお叱りの電話とメールをいただいております。東出さんの事務所からは24日に書面でおわびを頂戴しましたが、今後は規約に準じて損害賠償請求もあり得ます。弊社といたしましてはこのようなことは初めてで、どのくらいの損害額になるのか精査中です」(広報担当)という。

 同社によると、不倫報道を知ったのは、週刊誌が発売される前日の22日。翌日、マスコミに配られた事務所コメントと同じものを代理店から入手、その間、事務所から直接おわびの連絡はなかったという。芸能文化評論家の肥留間正明氏は所属事務所の対応は「モラルに欠ける」としてこう続ける。

■「欠陥商品を納品」

「不倫しているタレントと広告契約するのは、欠陥商品を知りながら、わざと納品したのと同じ。俳優の自主性に任せているでは済まされない、リコール対象ものです。3年も交際していたとなれば事務所も把握しているはずでしょうし、知らなかったとしても教育を怠った責任は重い。事後に謝罪文書を送るだけというのも言語道断。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず