損害賠償請求へ…東出不倫の傷口深めた事務所の“雑な対応”

公開日: 更新日:

 不倫報道後、東出昌大(31)は一斉に出演広告が削除され、CM打ち切りの動きが進んでいる。

 スポンサーは東出の“クリーン”で家族愛あふれるイメージが起用理由だっただけに怒り心頭。CM起用していたフジ住宅は契約の打ち切りを決定。

「お客さまからお叱りの電話とメールをいただいております。東出さんの事務所からは24日に書面でおわびを頂戴しましたが、今後は規約に準じて損害賠償請求もあり得ます。弊社といたしましてはこのようなことは初めてで、どのくらいの損害額になるのか精査中です」(広報担当)という。

 同社によると、不倫報道を知ったのは、週刊誌が発売される前日の22日。翌日、マスコミに配られた事務所コメントと同じものを代理店から入手、その間、事務所から直接おわびの連絡はなかったという。芸能文化評論家の肥留間正明氏は所属事務所の対応は「モラルに欠ける」としてこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る