損害賠償請求へ…東出不倫の傷口深めた事務所の“雑な対応”

公開日: 更新日:

 不倫報道後、東出昌大(31)は一斉に出演広告が削除され、CM打ち切りの動きが進んでいる。

 スポンサーは東出の“クリーン”で家族愛あふれるイメージが起用理由だっただけに怒り心頭。CM起用していたフジ住宅は契約の打ち切りを決定。

「お客さまからお叱りの電話とメールをいただいております。東出さんの事務所からは24日に書面でおわびを頂戴しましたが、今後は規約に準じて損害賠償請求もあり得ます。弊社といたしましてはこのようなことは初めてで、どのくらいの損害額になるのか精査中です」(広報担当)という。

 同社によると、不倫報道を知ったのは、週刊誌が発売される前日の22日。翌日、マスコミに配られた事務所コメントと同じものを代理店から入手、その間、事務所から直接おわびの連絡はなかったという。芸能文化評論家の肥留間正明氏は所属事務所の対応は「モラルに欠ける」としてこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る