東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

公開日: 更新日:

 “東出叩き”が止まらない――。俳優・東出昌大(31)の3年にわたる不倫は、鎮火の様相を見せない。オンエア中のドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の降板こそないものの、フジ住宅、サンスター、ホンダ、オンワード樫山といった全4社のCMは取り下げられた。

 唐田えりか(22)も、ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)の出演を自粛。2月放映予定のドラマ「100文字アイデアをドラマにした!」(テレビ東京)もお蔵入りが決定。なにより、東出の妻の杏(33)が第3子妊娠中だったことは女性ファン、主婦層の支持を一気に失った。

 騒動について、小学生のひとり娘がいるダウンタウン松本人志(56)は、26日に放映された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「2年も3年も引っ張って、バレてオタオタするなよ」とチクリ。杏と同じく、3人の子を持つママタレントの熊田曜子(37)は、24日に放映された生番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、「一生許さないです。墓場に持っていっても、墓場から愚痴っていると思います」と、良妻の視点で怒りを爆発。愛妻家で、三男一女の父でもある土田晃之(47)はかつて、「浮気がバレることで、慰謝料や仕事の減少で2億円ほどの損害が出る。浮気に2億円の費用対効果はあるのか?」という内容など有名人のコメントも続々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る