損保CMで注目 唐田えりかはマザー牧場で発掘された“原石”

公開日:  更新日:

 去年9月に、それまで6年間ソニー損保のCMキャラを務めた瀧本美織(24)に代わって新CMキャラクターとして登場した唐田えりか(18)。授業参観に来た父母にソニー損保の保険内容を説明するCMで一気に「あの子は誰?」と話題をさらってしまった。

 それ以降、4作の同社CMに出演し、公園で「♪ソニ~イィ、損保、フゥ~~」と透き通ったコーラスを披露するCMでは「歌が耳から離れない」「脳内リフレインが止まらない」と、今やソニー損保の「顔」として誰もが知る存在になった。

 千葉のマザー牧場でアルバイトをしていた時に、たまたま家族とプライベートで遊びに来ていた芸能事務所の社員が「ここで声を掛けないと絶対に後悔する」と、名刺もないままスカウトしたのがきっかけで芸能界デビュー。女子高に通いながらレッスンを重ね、高校3年生の時にフジテレビ系の月9ドラマ「恋仲」にゲスト出演して、「誰あれ? すげえカワイイ」とネットを騒がせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る