二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

東出昌大「3年目の浮気」で引退危機 別居→元サヤはなし?

公開日: 更新日:

 昭和歌謡の代表的デュエット曲「3年目の浮気」の歌詞に{♪男・3年目の浮気ぐらい大目に見ろよ}{♪女・ひらきなおるその態度が気にいらないのよ}の一節がある。的を射たように、歌詞がそのまま当てはまるのが東出昌大(31)の不倫騒動。女優・唐田えりか(22)と不倫が始まったのは、ちょうど結婚3年目だった。

 かつて週刊誌を「見てきたような嘘を書き」と揶揄されたこともあったが、東出の不倫を報じた「週刊文春」には「見ていたような事実」があった。不倫関係に至る経過から夫婦間の問題まで詳細に事実をあぶり出している。部屋で不倫を問い詰める妻と、追い詰められる夫。その光景が容易に想像つくほどの内容に、東出は降参したように事実と認め謝罪・反省の弁を即座に出した。あっさり認めた背景には、「杏サイドから出ている話だろう」というのが誰よりも分かるのが当の本人。反論は、さらなる反撃を呼ぶ。認めるしかなかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る