麻世&カイヤ 泥沼「化かし合い劇場」終幕のバカバカしさ

公開日: 更新日:

 さらにこう続けた。

「川崎は普段、非常に気配りのできる優しい人。10年ほど前、彼の絵の個展に行った際、転倒した女性のことを後々まで心配していたほどです」

 とはいえ、川崎が善良な夫で、夫婦不和や離婚理由はすべてカイヤの不徳というわけじゃない。1993年に川崎は斉藤由貴との不倫報道があり、2000年にも一般女性との不倫疑惑が取り沙汰された。04年にはカイヤがトルコ人男性との交際を報じられ、揚げ句が12年のダブル不倫報道である。

 1990年の結婚から30年、うち15年は別居。この夫婦は不倫にDV被害のみならず、双方ともに車で相手からひき逃げされたと言ったり、鍵を交換されたと言ったりで、話し合いも歩み寄りもなく、それぞれが自分の正当性を主張するだけだから、ラチが明かないでいた。

■「カイヤによる暴行も同程度で」で“同罪”認定

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る