麻世&カイヤ 泥沼「化かし合い劇場」終幕のバカバカしさ

公開日: 更新日:

 裁判長はカイヤが訴えていた川崎の暴力について「認められないか、あったとしてもカイヤによる暴行も同程度だった」と退けた。つまりケンカ両成敗とした格好だ。もっとも、判決が出た後もカイヤは負けを認めるどころか、「私が夫川崎麻世から凄まじいDVを受けていたのは事実です」とブログを更新し、こう訴えている。

「この裁判がどのような結果でも私は真実を追い求めます。私は最終的に暴力から自由になりもはや恐怖の中で生きなくてもよくなるでしょう。私は今後DVに苦しむ被害者が前に進めるよう助けていきたいと思います」

 非は川崎にあると主張し、慰謝料を認めない判決は受け入れられないなどとし、控訴する可能性も指摘。さらに自身がDV被害者のシンボルになっているかのような口ぶりである。一方の川崎も、最近出演した朗読劇は自身の境遇とは対照的な末期がんの妻のケアをする大家族の愛のストーリー。詰まるところ、キツネとタヌキの化かし合い。付き合う方がバカを見た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  9. 9

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る