東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

公開日: 更新日:

「男を上げましたね」(テレビ局関係者)ともっぱらだ。俳優・桐谷健太(39)の話。

 桐谷は、不倫騒動で猛バッシングを受けている俳優・東出昌大(32)とともにテレビ朝日系の連ドラ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」でダブル主演を務めている。桐谷にとっては連ドラ初主演作。“同僚”にミソをつけられた格好だ。

 ところが、1月29日に都内で行われたイベントに登場した桐谷。東出の不倫騒動については“質問NG”だったにもかかわらず、報道陣にしっかり対応してみせた。

「みんなで最高の作品にするために、全身全霊全力でやっています」「嫌悪感を抱いてしまった人もいるかもしれないですけど、ぜひ見ていただけたら、うれしいです」などと“恨み節”をこぼすでもなく、明るく呼びかけたのだ。

「あれが“正解”だったと思いますね。もしコソコソ逃げるような真似をしていたら、視聴者の反感を買っていた」と、芸能ライターのエリザベス松本氏はこう続ける。

「自身の連ドラ初主演作ということで、桐谷さんは周囲に『大事に考えている』などと熱い思いを語っていたそうです。東出さんの不倫騒動に一番ショックを受けているはずなのに、そんなことはおくびにも出さず、『自分たちは一生懸命やるだけ』という素直な思いを真剣にぶつけた。もともと桐谷さんは、ハートは熱いけどユーモアのセンスもある大阪の気のいいニーチャンです。深刻になり過ぎないように苦笑交じりで話してみたり、彼のいい面がストレートに出たから、好感を持たれたのでしょう」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情