麻世&カイヤ 泥沼「化かし合い劇場」終幕のバカバカしさ

公開日: 更新日:

「私の主張を認める判決を出して下さいました。証拠を正当に評価していただいたことについて、とても感謝しています」――。

 3日、妻カイヤ(57)との泥沼離婚裁判の判決後、川崎麻世(56)がこうコメントを発表した。

 裁判は、川崎が2018年10月に離婚を求めて起こしたが、カイヤの代理人が辞任して中断。昨年7月にカイヤが離婚と慰謝料2000万円を求め反訴していた。双方ともに離婚を求め、判決でそれは認められたが、争点はその原因がどちらにあるか――。注目の判決はカイヤの反訴請求が棄却され慰謝料請求も認められず、裁判費用もカイヤが負担すると言い渡された。川崎の知人の芸能関係者はこう言う。

「離婚はするけれど、離婚後カイヤが悲劇のヒロインのようにメディアに露出し、それをそのまま報道されるのはたまらない。そのうえ慰謝料まで取られるのは避けたいというのが川崎サイドの方針でしたので勝利宣言となった。夫婦関係の本当のところは分かりませんが、カイヤは所属が大手芸能プロ。川崎は劇団系事務所で、事務所の持つ政治力でも不利に立っているとみられていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る