二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

公開日: 更新日:

 芸能人の不倫といえば、かつては俳優や歌手など「スター」と呼ばれる人のステータスのようなもので、「愛人」とも呼ばれ、発覚しても、仕事に支障を来す人はいなかった。平成・令和に替わり女性タレントも芸人も不倫で騒がれる時代。「また」と不倫にすっかり慣れたなか、今度は前代未聞の芸人の妻の不貞が発覚した。

 落語家・立川志らく(56)の18歳年下の妻と弟子の不貞現場を「週刊文春」が報じた。車チュー写真など詳細な逢瀬の様子は、おかみさんと弟子の一線を越えているようにしか見えない。日頃、テレビで政界・芸能界と独自の観点で斬ってきた志らく。自分のことは「スルー」では世間は納得しない。昨年秋から司会を務める朝の情報番組「グッとラック!」(TBS系)で釈明した。

「妻はお酒を飲むとわけがわからなくなる」とファンキーな幼妻を擁護。「離婚は1億%ありません」と、聞き覚えのある言い回しで否定した。やはり本人の言葉はスキャンダル対応にはベストな形。不貞騒動は沈静化に向かい、「お後がよろしいようで」と落語家らしく幕を下ろした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る