城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

公開日: 更新日:

 アンジャッシュの渡部建(47)が“八方塞がり”だ。今や全国の人々に「トイレ不倫」として知れ渡ってしまった。複数の女性と不倫を重ね、その中のひとりとは六本木ヒルズの多目的トイレで関係を持ち、15分ほどでコトを済ませると、会うたびに1万円を手渡していたという。それを何度も繰り返していたというから下品極まりない。1歳の子供を育てている佐々木希(32)に世の同情が集まるのも当然だ。

 メディアでは佐々木との今後や、記者会見の有無、仕事復帰と、いろいろ取り沙汰されているが、どれもダメと言っていいだろう。夫人は週刊誌報道の後、自身のインスタグラムで夫に代わって謝罪し、これから「今後」のことを話し合うとしていた。夫に代わって謝罪するくらいだから、なんとか関係が続いていくのだろうという見方が多い。

 しかし、話し合いはまさにこれから。渡部は週刊誌の取材を受けた時点で妻に浮気を告白し謝ったというが、その時、佐々木は「不倫の時期が結婚前か結婚後か」にこだわっていたとされる。発覚直後はそこがポイントだったかもしれないが、記事を読んでしまえば、「トイレ不倫」など細部が分かり、それまでの夫婦関係が元通りとはならないだろう。僕の見てきた経験では、離婚の可能性は五分五分どころか7割を超えていると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  6. 6

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る