野口五郎に先見の明 動画配信でミュージシャンの救世主に

公開日: 更新日:

 新ご三家のひとり、野口五郎(64)がまたぞろ音楽シーンで話題を集めている。

 ことしデビュー50周年。時事通信のインタビューに「まだまだ進化していると自分に都合よく考えています。たくさんの夢を残して、道半ば、志半ばで人生を終えるのもいいのかなと。そういう思いがあるから、前向きに歌える。『どう生きるか』より『どう終えるか』を考えるようになりました」などと語り、新曲「光の道」やメモリアルアルバムなど精力的に活動しているが、それだけじゃない。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、舞台やお笑いライブなどと同様、公演活動の大幅な制限を余儀なくされているミュージシャンたち。そんな彼らに野口の考案した「テイクアウトライブ」という配信方法が重宝され、救世主のようになっているのである。

「たとえば先月下旬、渋谷オーチャードホールでコンサートを開いた歌手加藤登紀子さん。観客動員1000人規模の大型公演の先陣を切っての開催でしたが、それでもキャパ2150人のホールの半分も埋まらない。採算は取れないであろうところ、補填したのが『テイクアウトライブ』でした。いま注目のオンラインライブに実に12年も前(2008年)に目をつけ、『ライブの持ち帰り』をコンセプトに野口さんがつくりあげていた有料配信サービスです(11年に特許取得)。すでにドリカムの全国ツアーで採用されて1万枚以上を売り上げるヒットとなっていましたけど、コロナによって、引く手あまたの状況なのです」(音楽プロデューサー)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」