野口五郎に先見の明 動画配信でミュージシャンの救世主に

公開日: 更新日:

 新ご三家のひとり、野口五郎(64)がまたぞろ音楽シーンで話題を集めている。

 ことしデビュー50周年。時事通信のインタビューに「まだまだ進化していると自分に都合よく考えています。たくさんの夢を残して、道半ば、志半ばで人生を終えるのもいいのかなと。そういう思いがあるから、前向きに歌える。『どう生きるか』より『どう終えるか』を考えるようになりました」などと語り、新曲「光の道」やメモリアルアルバムなど精力的に活動しているが、それだけじゃない。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、舞台やお笑いライブなどと同様、公演活動の大幅な制限を余儀なくされているミュージシャンたち。そんな彼らに野口の考案した「テイクアウトライブ」という配信方法が重宝され、救世主のようになっているのである。

「たとえば先月下旬、渋谷オーチャードホールでコンサートを開いた歌手加藤登紀子さん。観客動員1000人規模の大型公演の先陣を切っての開催でしたが、それでもキャパ2150人のホールの半分も埋まらない。採算は取れないであろうところ、補填したのが『テイクアウトライブ』でした。いま注目のオンラインライブに実に12年も前(2008年)に目をつけ、『ライブの持ち帰り』をコンセプトに野口さんがつくりあげていた有料配信サービスです(11年に特許取得)。すでにドリカムの全国ツアーで採用されて1万枚以上を売り上げるヒットとなっていましたけど、コロナによって、引く手あまたの状況なのです」(音楽プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る