児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国ウオッチャー

韓流エンタメ誌やガイドブックの企画・取材・執筆を行う韓国ウオッチャー。韓国映画のほか、日韓関係についてのコラムも新聞やウェブサイトに多数、寄稿している。

綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

公開日: 更新日:

 綾瀬はるかの熱愛の噂が韓国でも大きく報じられた。もともと韓国でも知名度があり、好感度の高い女優だが、お相手の“韓国人俳優ノ・ミヌ”という名に韓国のネット民がざわついた。

「ノ・ミヌって誰?」

 韓国人女性からは「松坂桃李のほうがずっといいのに」という辛辣な声もあった。こうした微妙な空気を受けて、気の早い日本のメディアは“格差婚”などと報じたが、ノ・ミヌにしてみれば大きなお世話だろう。

 ノ・ミヌをよく知る韓国人にはバンドマンの印象が強いらしい。もともと大手芸能事務所の「SMエンターテインメント」に所属し、ロックバンドのメンバーとしてデビューしたからだ。ところが、わずか2年で脱退。事務所を移籍して俳優に転身している。

 日本の韓流ファンの間で知名度が高まったのは、2010年の韓国ドラマ「パスタ~恋が出来るまで~」以降ではないか。ビジュアルが美しいことから、この頃、韓国でも“女性よりキレイな美男子”と呼ばれていたそうだ。日本でもファンイベントを行い、「美男子+ロック+日本語が上手」というキャラクターでコアなファンが増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る