城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

岸部四郎さんは楽器できず…タンバリンに音が出ない細工を

公開日: 更新日:

 岸部四郎さん(享年71)が亡くなった。GS時代のトップグループ「ザ・タイガース」のメンバーで、解散後は俳優やワイドショーの司会者として活躍した。

 僕は日本テレビ系「ルックルックこんにちは」という朝の番組で、司会者とリポーターという立場で8年ほどご一緒した。

 当時から腹の据わった人だなぁと思っていた。というのも、岸部さんは番組の生本番がスタートする15分くらい前にスタジオ入りし、準備をして席に着くと、かなりの確率で居眠りをしていた。当時のワイドショーは、冒頭部分でその日、最も重要な話題をVTRで展開し、20分ほど経過してからスタジオでの話となるのが常だった。

 岸部さんはそのVTRの間、すっかり寝てしまっていて、フロアディレクターが「皆さん、スタジオに来ますよ」と声をかけるのだが、それは明らかに岸部さんを起こすためだった。ところが、岸部さんは不思議なことに、非常に常識的で落ち着いたコメントをしていたものだ。もっとも、ごくまれに事件リポートで目を覚ましてすぐ、「で、犯人はいまだ逃走中ですか?」とやり、リポーターが「今、VTRで逮捕されたと言ったじゃないですか!」となる“やりとり”もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る