バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

公開日: 更新日:

 そのお金を東京に着いてすぐフィリピンパブで全部使いました。東京のネオンの誘惑にすぐ負けて。ハハハ。僕がサイテー男になってしまいました。

 遠距離恋愛になってから、彼女が2カ月に1度は大阪から会いに来てくれたので、その後も4年間続きました。尽くしてくれるサイコー女でしたね。

 芸人としてテレビに出始め、売れてきてからは後輩芸人と合コンをやるだけで彼女はいなかったです。合コンでサイテーな出来事がありました。新宿で合コンした夜、終電で女の子が何人か帰ってしまい、女の子と男の人数が全然合わないから、後輩が「ナンパしてきます」と、一人の女の子をつかまえてきた。それから飲み直して。

 女の子って、男がかわいい帽子をかぶってたりオシャレなメガネをしてたら、「ちょっと貸してよ」とかぶったり掛けたりするじゃないですか。後輩がナンパしてきた女の子が僕に「そのメガネ、掛けさせて」と言うから掛けさせてあげたんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る