バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

公開日: 更新日:

 音量が小さすぎると楽しくないし、大きすぎるとバレちゃうから、微妙な調節をしてたけど、まったく音が出ない。

 おかしいな、おかしいな、とずっと音量をいじってたら、嫁が寝室にきて「うるさいからボリューム下げな」とだけ言って、いなくなった。

 え? なぜ気づく? と思ったら、音楽を聞いたりする部屋に置いてあるブルートゥースのスピーカーから大音量であえぎ声が発せられてました。スマホと自動接続になっていたみたいで。

 普通なら「エッチな音がブルートゥースから漏れてる!」「コソコソ見ないでよ!」と怒るじゃないですか。ただ音量だけ注意するのが普通の女じゃねえなと(笑い)。

 その後も嫁はAVの件にいっさい触れず、ギクシャクすることもなく暮らしてます。堂々としてるサイコーの嫁で、僕にはしっくりきて、いつも楽しく暮らせてます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  6. 6

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  7. 7

    追加負担は3000億円 延期五輪は“金欠”東京都の独り負けに

  8. 8

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  9. 9

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  10. 10

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

もっと見る