井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

学術会議の任命拒否理由を“シカト”…うさんくささまで継承

公開日: 更新日:

 やれやれだ。組長辞任のドサクサに継承盃していた地味顔ぞろいの“間に合わせ政府”。とりあえずはどうでもいいかと忘れていたら、あのオッサン首相とヘラヘラ顔の長官コンビ、途端に隠していたキナくさい牙を剥き、研ぎ始めたようだ。

日本学術会議」が新しく推薦していた学者6人を承認せずに除外し“シカト”をきめこんでいる問題だ。うさんくささまで継承してしまったのだ。

 どんなバカ政府にだろうが、重要政策を立てる際にはその科学的根拠や真理を提言してあげる集まりだ。人文・社会科学、生命科学、物理工学など全分野の科学者たち約87万人の中から、学術員が210人推薦されて選ばれて、国から別給料をもらって公務に参加をする。

 しかし、過去の政策に都合の悪いことを言ってきた、これからも提言しそうな、バカ政府にとって目障りな学者たちをその辺りの悪代官どもと夜な夜なチェックし、あのおっさん政府は人事介入をした。学者でもない我ら与太郎が怒っていてもむなしいが、この先、映画という人文科学も去勢されそうなら、油断ならないな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る