井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

40歳は人生の折り返し…竹内結子さんとハワイロケの思い出

公開日: 更新日:

 まずは、お悔やみ申し上げます。もう21年前か、オアフ島でロケした映画「ビッグ・ショー!ハワイに唄えば」という、演歌歌手の室井滋と事務所社長の尾藤イサオのドサ回りコンビで描く「のど自慢」の続編で、ちょっとズレてる付き人役で抜擢したのが竹内結子ちゃん(当時まだ19歳だったか)で、お嬢さん顔の新人だった。

 常夏のハワイにまで来て、お嬢さんに怒鳴りつけるのは気が引けたが、テストが始まるや、彼女のせりふ回しは早過ぎて声もボソボソ。結局「なに言うてんのかさっぱり分かりまへん! 風呂ん中で屁ぇこいてるんか! しっかり言わんかい!」「違う! それだともっちゃりし過ぎ! 餅でも焼いてるんか! 結子ちゃんよ、加減して言いなよ」と現地の日系人エキストラ数百人に囲まれる中、立て続けにダメ出しをして追いこんだのだった(今だとパワハラで監督レッドカードか?)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る