二宮がパパとアイドルの狭間で股裂き状態 事務所の本音は

公開日: 更新日:

「皆さま方には、温かく見守っていただけますと、大変ありがたく思います」――。活動休止中の嵐の二宮和也(37)はそう呼び掛けたが、返ってきた世間の反応をどう受け止めたか。2019年11月に結婚した3歳年上の元アナウンサーの妻が都内の病院で第1子を出産。女児の父親となり、これまで以上に精進し家族を支える覚悟を示したが、ジャニーズのファンからも冷めた声が上がっているという。

「アイドルは結婚しないとの不文律は過去になりつつありますけど、二宮の場合、結婚当初から批判や失望コメントがとりわけ多かった。交際を公にしていなかった頃から、仲の良さを『におわせ』ていた夫人のキャラクターもありますが、それはキムタクと結婚した工藤静香と同じ轍と言えなくもない」(芸能プロデューサー)

 結婚発表のときからブーイングが上がり、個人グッズの売り上げにも影響が出たとされる二宮。それだけファンの気持ちが揺れたのだろうし、だからこそ今回は吉報にもかかわらずファンクラブ「ファミリークラブ」などでのお知らせはなかった。ジャニーズも、こうしたプライベートの話題の扱い方を決めかねているところがあるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る