3.19日本アカデミー賞授賞式 草彅剛&二宮和也“揃い踏み”か

公開日: 更新日:

 在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成する東京映画記者会が主催する「第63回ブルーリボン賞」の各賞がこのほど発表され、主演男優賞を「ミッドナイトスワン」の草彅剛(46)が初受賞。この結果に業界内は騒然としている。

「年明けに各賞のノミネートが発表されましたが、草彅と同じ主演男優賞候補には『浅田家!』の嵐・二宮和也がノミネートされていた。元ジャニーズと現役のジャニーズという意味では草彅に軍配が上がりました」(大手映画会社宣伝担当)

 忖度(そんたく)なしの純粋な演技力でブルーリボン賞を勝ち取った草彅の次なる舞台となるのが3月19日に開催される「第44回日本アカデミー賞」だ。授賞式当日に各部門の最優秀賞が選ばれるが、草彅は二宮とともに同作品で優秀主演男優賞にノミネートされている。

「どちらが最優秀賞を受賞してもおかしくはないが、それよりも注目は当日の会場に草彅と二宮が“揃い踏み”するかどうかですよ。元SMAPのメンバーが公式の場で現役のジャニーズと同席するとなれば初めてのケースでしょう」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 スケジュールの都合などでどちらかが欠席しなければ、草彅と二宮が互いの健闘を称え合う姿が見られるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る