立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。毎日放送「よんチャンTV」、フジテレビ「めざまし8」出演中。

免許事業である放送が厳しい現状を乗り越える道は2つある

公開日: 更新日:

 3月12日、テレビ史に残る番組が21年余にわたる歴史に幕を下ろした。毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」。関西では知らぬ人がいない伝説的な人気番組だった。

【写真】この記事の関連写真を見る(17枚)

 その翌13日、番組立ち上げ時のプロデューサーだった岡田公伸氏を送る会がオンラインで行われた。この岡田氏の死については以前にも触れたが、2020年4月に新型コロナで死亡。体調を崩してもPCR検査が受けられず、陽性が判明した2日後に亡くなるという状況だったことも既に書いた。

 しかし、長く番組の顔を務めた角淳一氏が送る会で憤ったのは、岡田氏の死ではなく、岡田氏と立ち上げた番組の「死」だった。「屈辱。許せない。根性があるなら毎日放送はやりなおしてほしい」と怒りをぶちまけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る