二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「官僚接待」で思い出す“ノーパンしゃぶしゃぶ”と女王イヴ

公開日: 更新日:

 総務省官僚が東北新社から高級なワインと料理で接待を受け大きな問題になっているが、官僚接待で思い出すのがノーパンしゃぶしゃぶ接待。

 1990年代、銀行が大蔵省(現・財務省)官僚を接待した店は前代未聞の“ノーパンしゃぶしゃぶ”店。本来なら癒着報道が主体のはずが、世間は初めて耳にするノーパンしゃぶしゃぶの話題で持ちきりとなった。世間のニーズに応えるという大義名分の下、週刊誌は店の内容を取材するのだが、正面からの取材では店側の規制もあって面倒。客として体験取材となる。ミニスカートにノーパンの女の子が水割りを作ったりする。はたから見れば何とも奇妙な光景だと思うが、個室ゆえ気にすることなく、しゃぶしゃぶを食べながら目は上を向いては胸の谷間やスカートの中をちらっと見たりする。

 その分、料金も少々お高いが、「領収書にはしゃぶしゃぶ店名だけでノーパンは入らない。接待として使いやすい」という利用者の利便性も考えられていた。類似店も増え、ノーパン牛丼屋まで現れたが、客の反応は「しゃぶしゃぶを食べながらノーパンを見ても落ち着かない」という人が大半。リピーターになる人も少なく、終息も早かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る