三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

目立つ所をもぐら叩き…危機感だけは煽りたいのでしょうが

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言が延長だそうです。緊急の事態がずっと続いてるんですね。これだけ長いと、いつが緊急でいつが緊急じゃないのかわからなくなります。でもオオカミ少年というおとぎ話を教訓にするなら、こういうときが一番危ないのかもしれません。

 このGW期間も私はラジオのレギュラー番組は通常営業。その中でニューヨーク在住のリスナーから「ドラッグストア、博物館、スタジアムなど至る所で予約なしでもワクチンを打つことができて、接種した人たちはどこへ遊びに行こうか計画中」という投稿がありました。ニュースによるとブロードウェーも再開の見込みだとか。

 ワクチン接種が進めば経済活動が通常モードになることを頭ではわかってますが、なかなかそれが進まない日本。マスク2枚に始まり10万円もとっくに底をつき度重なる要請にひたすら我慢する国民にワクチンを用意できない日本。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る