急転直下の寄席休業は文化庁を通じた菅政権の圧力だった!

公開日: 更新日:

 3度目の緊急事態宣言発令後も客数を半分に減らして興行を続けてきた東京都内の4寄席(鈴本演芸場、新宿末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場)が一転、1日から休業に入った。「社会生活の維持に必要」と主張する寄席と落語協会、落語芸術協会は、「無観客開催」を要請する都と衝突。ついには都から「休業要請」をチラつかされながら協議を重ねたが、菅政権の圧力に耐えきれなかったという。

「寄席側は感染対策を徹底して営業を続けていましたが、都からの度重なる無観客要請に困惑していた。それで、何とかならないものかと相談を持ち掛けたのが、落語好きの小泉進次郎環境相。超党派の『落語議員連盟』(落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会)の発起人で、落協とも芸協とも付き合いがある。ですが、進次郎大臣は、〈今は逆らわない方がいい〉とニベもなかったそうです」(与党関係者)

 一方、新型コロナ担当の西村経済再生相は先月26日の記者会見で「支援策を活用して休業要請に応じてほしい」と求め、落語ファンだという加藤官房長官も翌27日に「さまざま不満もあると思うが協力してほしい」と発言。外堀が埋められつつある中、トドメを刺したのは文化庁を通じた官邸の圧力だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る