三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

「世界(欧米)に褒められたい病」はコンプレックスかも…

公開日: 更新日:

 松山英樹選手のマスターズ優勝の話題ってもう古いですよね。でも気になったことがあったので書かせてちょうだい。松山プロのキャディーが最終ホールのピンを戻したときにグリーンに一礼したのがアメリカメディアで話題になったという日本での報道。それは称賛されてるような報道でした。でもアメリカで生まれ育った、両親が日本人、英語も日本語もネーティブ、どちらの国の文化にも精通してる知人いわく「なんで頭さげてんの?」がアメリカ人の反応だそうです。

 八百万(やおよろず)に神が宿る日本文化に対して物や場所に神様はいないとするアメリカ文化(キリスト教)はあの一礼の意味がわからないそうです。そしてアメリカ人にそのことを説明すると大抵の反応は「きもっ」だそうです。まぁそれぞれの国の文化なのでどんな反応もいいんですけど、そうなると心配なのが今までの日本人の行動をよく「世界が絶賛!」と伝えられてた行動に対する本当の世界の反応です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る