カウンターの健サンが何と「サブちゃん、こっちこないか」

公開日: 更新日:

(前回から続く)

 役者に成る! なんてユメは雲散霧消だなへへへのへだ、なんて自虐してまして、で翌日茶店に行くと、何と又健サンいらっしゃる。で又その翌日も。しかし大スターで忙しい筈なのに、よくこんな時間あるなあと、不思議でしたヨ。月に七、八回位はお会いしてましたなあ。尤もアタシの一方的な事ですが。

 でそんなことが三ツキ程続きましたか、ある日ですよ、バイトは夜専門だから昼は寝てんだけど、何の風の吹き回しか、昼に茶店行ったんですヨ。そしたら何と、健サン一人でいらっしゃる! いつもは大体三、四人サン連れでいるのに、今は一人でコーヒー飲んでらっしゃる。ヒエー! どうしよう! 別にどうすることもないのに、一人相撲! のどかなモンデスこのアタシ! しかしです! いつものカウンターに掛けてコーヒー注文したとたん、何と「サブちゃん、こっちこないか」え!? 今何だった!? 驚いてママの顔見たら、ニヤニヤしながら、「サブ、いきなさいよ」はん!? 何だって、恐る恐る振り向いたら、健サン「おいでよ俺も一人だから」カアー! 参った参りました。でも何で? 俺の名前知ってくれてんの? エ? 顔も合わせたコトないのに? 頭はグルグル蜂の巣つついたようなモンで、盆と正月一緒に来やがった! でまあとにもかくにも、オロオロ席へ。そこで健サンの言葉「サブちゃん、ケンカ好きなのか」はあ~? 何をおっしゃってんでしょこの御方は? 「何かいつも赤タン青タンふいてるからなあ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る