高倉健さんの「東映に来るか」の誘いで役者の道へ

公開日: 更新日:

 三郎は1946年12月、香川県小豆島で生まれた。小学生の頃から映画が大好きな少年だった。映写技師の長兄が働く映画館に通い、3本立ての映画を見ていたという。

「夢中になったのは、なんてったって東映のチャンバラ映画ですよ。中村錦之助の『紅孔雀』『笛吹童子』ね。黒沢明の時代劇は子供にはわからなかった。中学1年の年に大阪・吹田市に転居してからですか、黒沢映画にハマったのは。その後、植木等に参っちゃって、俳優になってからも尊敬し続けた偉大な先輩です」

 中学卒業後、役者を志して上京、アルバイトをしながら俳優の養成所に通う。

「植木さんと同じくらい尊敬してたのが三木のり平さんで、のり平劇団に入りたかったんだけど入れなかった。当時、青山にユアーズという深夜営業のはしりのスーパーマーケットでバイトしてたのよ。近くの喫茶店の常連になったら、そこが高倉健さんの行きつけの店だった。休憩時間に行くとよく会うんだ。スターもけっこう暇なんだと思いましたよ。店のママさんが『サブちゃん』って呼んでたんで、健さんの方から『サブちゃんは何してるんだい』と声を掛けてくれてね。『ユアーズでバイトしてます』って答えたら、ママさんが『この子、役者を目指してるのよ』と言うと、健さんが、『だったら東映に来るか』って誘ってくれたんです。『でも、俺素人ですよ』と言うと、『俺だって最初は素人だったよ』って(笑い)。同じ素人でもモノが違うって言うのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る