岡田将生×フジ鈴木アナ熱愛公認 裏にステマ隠しと社長解任

公開日: 更新日:

 フジテレビはこのタイミングを見逃さなかった。

「FRIDAY」(6月18日号)に人気俳優の岡田将生(31)とフジの若手ホープである鈴木唯アナ(27)が熱愛交際中だと報じられた一件を同局の情報番組「めざまし8」であえて取り上げたのだ。

 メインキャスターの谷原章介は「ほほ笑ましいですね。育んでいただきたい。お似合いのカップル」と交際を祝福。そして永島優美アナも「飾らない性格で、普段は控えめ。本当に仕事ができて誰からも愛されキャラ」などとベタ褒めコメントを連発した。

 フジテレビは自局アナの恋愛事情に関しては「社員のプライベートについてはお答えできません」というお決まりの文句を発するのが常だった。

 ところが今回に限っては喜々として岡田と鈴木アナの熱愛を局として半ば公認するかのように取り上げたのだ。あえてフジテレビが前例のなかったコメントを発した理由は、まさにスキャンダル隠しが目的だったともっぱらだ。

 フジといえば「めざましテレビ」のメインを務める井上清華アナ(26)や「FNN Live News α」や「Mr.サンデー」を担当する三田友梨佳アナ(34)ら8人の女子アナらが「週刊文春」に“ステマ疑惑”を報じられ、先月28日には「外部の弁護士も入れた詳細なヒアリング調査を実施した結果、社員就業規則に抵触する行為が認められた」と公式謝罪に追い込まれていた。

 都内の人気美容室や系列店で無料サービスを受ける見返りに、同店のSNSに写真が掲載されたり、自身のSNSにもカットやエステなどのサービス後の姿を投稿し店の宣伝に協力していたもので、「この一件でフジには視聴者やスポンサーからもクレームが多数寄せられ、営業的にかなり苦しい局面に立たされているんです」(事情通)。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?