元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

公開日: 更新日:

 松田聖子(59)、神田正輝(71)元夫妻のひとり娘でミュージカル女優の神田沙也加さんが昨年12月18日に35歳の若さで急逝してから1カ月が経とうとしている。悲しみが癒えない中で、唯一、前向きな話題を提供し、注目を集めているのが、沙也加さんの元夫でモデル兼俳優の村田充(44)だ。村田は2016年に舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」で沙也加さんと共演したのを機に交際し、17年4月に結婚した。

「ただ、結婚発表の際はメディア関係者の多くが村田さんの名前も顔も知らず困惑しました。しかも、村田さんは結婚から半年足らずで芸能活動を休止。『まさか、ヒモ?』なんて揶揄する声すら上がりました」(民放テレビ局関係者)

 沙也加さんと聖子の母娘不仲説が浮上したのもこの頃の話だ。結婚発表の際、沙也加さんは父・正輝と村田とのスリーショット写真を公開し、正輝もコメントを出したが、聖子は、2人の結婚について何も触れることはなかった。そして村田と沙也加さんは19年12月に離婚を発表。婚姻期間は3年足らずだったが、離婚後も2人の関係は良好だったという。

フォロワーからは「ありがとう」の声

 そして今回、村田の動向が久しぶりにクローズアップされている。沙也加さんのファンは彼女の悲報に呆然となるとともに、SNSでは2匹の愛犬(マルチーズ、ロングコートチワワ)のことを心配する声が上がった。村田は先月23日、自身のツイッターで〈安心してください。大切に育てます。その準備をしていますよ〉とツイート。“沙也加さんの元夫”として再認識された。ファンからは〈良かった…ずっと心配でした〉〈安心しました!〉と安堵のメッセージであふれた。同31日に村田は、眠っているチワワの写真を投稿し、無事に沙也加さんの愛犬たちを引き取ったことをインスタグラムで報告。その後も、インスタグラムの投稿はほぼ、沙也加さんの愛犬たちの近況で、トイレのしつけや、自身の枕を勝手にベッドにされたり、愛犬たちの写真とともに苦戦していることも明かしている。

 フォロワーからは〈みつさん、ありがとう!! ありがとう!! ありがとう!!〉〈みつさんの優しさに救われました!!〉〈みつさんとワンズたちが笑顔がいっぱいで幸せに過ごしていけますように…祈ってます〉〈良かった、、、。この写真をみて、安心した人たちがどのくらいいただろうと思います。本当にありがとうございます〉と次々と感謝の言葉が寄せられた。

 夫婦だった期間は短いが一時は2人で将来を思い描いた沙也加さんと村田。悲しみが癒えない中で元妻の愛犬を引き取り慈しむのは、やはり彼にとって沙也加さんがとても大切な人だったからだろう。

*番外編を【動画】でご覧いただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?