10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

公開日: 更新日:

 35歳の若さで亡くなった神田沙也加さんの遺骨を手に、揃って会見した神田正輝(71)と松田聖子(59)。ふたりは憔悴しきった様子で言葉少なだったが、沙也加さんは、幼い頃からふたりの間で揺れ続けた人生をおくっていた。

 1997(平成9)年に松田聖子と神田正輝は12年の結婚生活にピリオドを打ち、「聖輝の離婚」との見出しがスポーツ紙一面に躍った。このとき、沙也加さんは10歳。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が振り返る。

「あれは聖子さんご夫妻が別居中のことです。神田正輝さんが外車のハンドルを握り、都内一等地の聖子さん邸へ。今や遅しと待っていたのでしょう、真っ先に飛び出してきた沙也加さんは満面の笑みを浮かべていました。そして大好きなパパの胸に飛び込むと、『ママ、早く早く』と玄関を振り返りました。そこでようやく現れた聖子さんは仏頂面を隠そうともしないでいたのです」

 やがて向かったのが都内の寿司店。

「久しぶりに両親が揃っての外食だったのか、沙也加さんは小さな手をパパの大きな手とつなぐと、もうひとつの手でママの手を握り、引っ張るようにして店内へ。はたから見ると、仲良し親子のようでしたけど、沙也加さんの姿が痛々しく、かわいそうでしたね」(青山氏)

■“青い目の愛人”の前では一転して笑顔

 聖子は当時、ニューヨークで知り合った「青い目の愛人」との関係を取り沙汰され、暴露本も出て、連日ワイドショーや芸能マスコミのカメラに囲まれていた。本人もそれを楽しんでいたのか、成田空港で取材エリアが過ぎ、階段を下りる途中で振り返った顔はそれまでの仏頂面が嘘のような笑顔、白い歯を見せていた。

「神田さんも、同じ区内の高級マンションで優雅なひとり暮らしをしてらして、銀座とか赤坂のクラブのママさんらと浮名を流していました。両親とも、好き勝手に生きて、沙也加さんはその間で幼い頃から傷つき、悩んできたのだと思います」(青山氏)

「沙也加を愛しているよ」

 沙也加さんは2017年の結婚式に、母聖子の参列がなかったことで、確執の深さが表面化。一方、パパ神田正輝とは良好な関係を続けたようで、正輝はハワイ挙式にも出席しバージンロードを共に歩いたほか、沙也加さんがSNSで正輝とのツーショットを公開するなどしてきた。沙也加さんの著書「Saya Little Player」には「パパが何処に居ても 見えなくても 沙也加を愛しているよ」と直筆メッセージを寄せていた。

 毎年10月1日、沙也加さんが誕生日を迎えると、電話で「ハッピーバースデー」を歌って祝福、音程が外れてしまい「オリジナルメロディー」と言われたりしながらも、愛情を示していたのだろう。「パパありがとう」と、お礼を言われていたそうだ。

 そんな愛娘も、もうこの世にいない。両親を前に、沙也加さんは天国で何を思うのか。また、夭逝した娘に聖子は、神田正輝は何を語ったのか――。

「次に生まれるときは、普通で平凡な家庭に生まれてきて欲しいと思ってしまいます、本当に」と青山氏は言っている。

*番外編を【動画】でご覧いただけます。

 ◇ ◇ ◇

【相談窓口】

■日本いのちの電話連盟

 ●ナビダイヤル 0570-783-556
  午前10:00~午後10:00

 ●フリーダイヤル 0120-783-556
  毎日:午後4:00~午後9:00
  毎月10日:午前8:00~翌日午前8:00 

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ