超人気女優の綾瀬はるかが“死に体”フジの月9に出演する切実な事情

公開日: 更新日:

 いまやテレビ界で“ポスト米倉涼子”の誉れ高いのが女優の綾瀬はるか(36)だ。ドラマ「ドクターⅩ」シリーズ(テレビ朝日系)の大成功をきっかけに、日本一の“高給取り女優”に上り詰めた米倉を、最終的に越える存在になるとみられているのだ。さる芸能プロ関係者はこう話す。

「最盛期、米倉の出演料は1本当たり軽く500万円を超えていた。最近は個人事務所を立ち上げたり、折からのコロナ不況の影響でギャラ値下げに応じ、この2年間は350万円程度とみられています。それでも『ドクターX』最新シリーズの全話平均世帯視聴率は17.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。この金額はリーズナブルと言うべきです。スポンサーも結果を出せる米倉には文句を言わない。もちろん現在も、米倉が日本一高給取りの女優であることは変わりありません」(芸能プロ関係者)

 その米倉を近い将来、視聴率、ギャラの両面で追い抜くのではないかとみられているのが綾瀬だという。そのきっかけになるといわれているのが今年4月期にスタートする綾瀬主演の月9ドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)。

「綾瀬がヒロインなら視聴率は10%前後……うまくいけば15%は見込めるでしょう。また、それ以上に関係者が注目しているのがギャラです。今回、フジテレビは看板ドラマである“月9”を完全復活させるべく、赤字覚悟で制作費を捻出したといわれている」(前出の芸能プロ関係者)

目指すは“米倉涼子越え”というが…

 フジの覚悟が伝わるが、その一方で、大きな声では言えない事情も見え隠れする。そもそも綾瀬クラスの女優となると、高額なギャラを提示しないと現在のフジには、見向きもしてくれないのだとか。

「落ち目のフジでは視聴率が取れない。出演しても意味がないと思われている。ギャラがいくら高額でも、下手をしたら自分のタレント価値を棄損しかねない。結果、今が旬の俳優や芸人らはフジのオファーを露骨に避ける傾向があるんです。今回も綾瀬サイドはフジが清水の舞台から飛び降りる決意で提示したギャラに対し、半分はお付き合いで出演を承諾していると思われます」(他局のドラマ関係者)

 さらに綾瀬サイドがフジのオファーを受けた背景には、タイミングの問題もある。

「“ホリプロ3姉妹”のうち、“長女”の深田恭子は体調不良から復活したもののいまだに本調子ではない上、交際中の実業家との結婚も秒読み段階にある。“三女”の石原さとみも妊娠したばかりで、復帰にはあと半年以上の時間を要する。結果的に“次女”の綾瀬が頑張るしかないわけです」(放送作家)

 つまり、フジテレビと所属プロダクション双方の切実なる事情を背負って立つことになる綾瀬。両肩にズシリだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?