もはや叶姉妹はフツーに見える…芸能人「異次元の美意識」背景と行き着く先

公開日: 更新日:

 コロナ禍になり、芸能人の美意識が飛躍的に高まっている。

 写真をメインにしたSNS、インスタグラムを中心に、ネット上では日々「〇〇さんが美しすぎる」という話題があふれていて、最近の注目株は、今年末での休養を発表した氷川きよし(44)。髪もセミロングになり、美肌は女性たちの憧れの的に。

 また、美のカリスマと呼ばれる山咲千里(59)は、還暦を目前に少女のようなドーリー顔を披露し「別人すぎる」と話題。性転換したダンサーでタレントのkaba.ちゃん(52)はジェニファー・ロペス風ハリウッド美女路線に。

大衆よりも信者

 美白王子のMatt(27)もますます白さを増し、美容家のIKKO(60)はセクシー唇が加速。美容外科の力も借りてアンチエイジングをはるかに超えた、“異次元の美”へと向かっている。

 あの叶姉妹も今や「ファビュラス」と称賛され、フツーに見えてくるほどだが、心理学者の富田隆氏はこう言う。

「SNSで発信すると進化していく自分をコアなファンが応援し、認めてくれるためにますますハマっていきます。一般人からすると度を越えた美しさでもありますが、本人的にはわかってくれる人に認められれば満足で、氷川さんも大衆にホメられるより、自分の世界観を理解してくれる信奉者に支持してもらえるほうがうれしいのです」

 こだわりが過ぎると一般社会では理解されにくくなるのが常。美意識という究極の自己満足の行き着く先は「メタバース・仮想現実の世界かもしれません」(富田氏)というから、彼・彼女たちに美のゴールは存在しないのかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  2. 2
    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

  3. 3
    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

  4. 4
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

  5. 5
    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

もっと見る

  1. 6
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 7
    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

  3. 8
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  4. 9
    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

  5. 10
    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”

    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”