元ちとせ語る「平和や人々の幸せを歌う自分でありたい」デビュー20周年、決意新たに

公開日: 更新日:

 メジャーデビュー20周年を迎えた元ちとせが、アルバム「虹の麓」をリリースした。坂本慎太郎、折坂悠太、長澤知之、さかいゆうなど、曲ごとにプロデューサーを迎えた最新の音。その一方、奄美大島のシマ唄で育った元の歌や三味線は、いまなおプリミティブ。両者が見事なバランスで共存している。

「(さかい)ゆう君プロデュースの『KAMA KULA』は、彼が愛するR&Bのテイストで、デジタルを駆使したサウンドに私の声と三味線が加わり、ほかにはない音楽に仕上がりました。うまくいった理由のひとつには、ゆう君は高知県の土佐清水、私は奄美と2人とも海と緑の中で生まれ育ち、体のなかに自然によって育まれたリズムがあるからかもしれません」

 制作はコロナ禍、ロシアのウクライナ侵攻が始まった時期と重なる。

「だからといって、声大きく戦争反対するような曲を歌うということではなく、例えば『虹の麓』では断絶を乗り越えた先で、世界が再び手を取り合えるようにという願い、『暁の鐘』ではその歴史の上にある今を生きていくことを歌っています。三味線で歌った曲『ヨイスラ節』は、当たり前だと思っていた日常が失われた今、かつて私たちが命のリスクを感じることなく暮らせていたありがたさを込め歌っています」

 デビューから20年、元は一歩一歩ミュージシャンシップを高めてきた。

「1998年に19歳で奄美から東京に来たときにはシンガーという自覚はなく、ただ楽しくてしかたがありませんでした。銀座のCDストアでバイトをして、事務所の先輩、杏子さんのお手伝いをしたり、山崎まさよしさんのツアーについていったり。歌い手としての自分が芽生えたのは、オーガスタキャンプ(所属事務所、オフィスオーガスタ所属アーティストが総出演する音楽イベント)で、生まれて初めて大観衆の前で歌ったときです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応