「富澤効果」でオファー殺到! 下半期も続くサンドウィッチマン“無双状態”の背景

公開日: 更新日:

 4月期のドラマがすべて終了したが、今期のドラマで最も爪痕を残したのは、お笑いコンビ、サンドウィッチマン富澤たけし(48)ではないかともっぱらだ。

 富澤がキーマンとなる役柄で出演し、最後に大どんでん返しを見事に演じた日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)の平均視聴率は絶好調。最終回の爆上がりは富澤の功績ではないかといわれているのだ。制作会社ドラマプロデューサーはこう話す。

「4月期に放送された民放ドラマのなかでダントツだった。全話平均世帯視聴率12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人平均7.9%。なかでも全体を底上げしたのが最終回の踏ん張りです。世帯平均視聴率16.4%、個人平均視聴率10.3%とそれまでの週平均から2%以上もアップさせたんです。間違いなく“富澤効果”ですよ」

現場では笑顔を見せずに「役作り」

 “名演”を見せた富澤の現場での様子を関係者はこう語る。

「役作りのためか現場では一度も笑顔を見せなかったんですよ。常にぶすっと不機嫌な表情をして役に入りきっていました。また、収録中はいつも一人なんです。その代わり演技は完璧。セリフも完全に頭に入っているばかりか、毎回、演技プランを考えてきて監督に確認を取っていた」(ドラマ関係者)

 一方“本業”のバラエティーやお笑いでも勢いが衰える様子はない。現在、コンビでのレギュラーはテレビ12本、ラジオ2本。「日経エンタテインメント7月号」で恒例の「タレントパワーランキング」が掲載されているが、“芸人編”で、サンドウィッチマンは不動の5年連続1位を獲得。さらにダウンタウン松本人志(5位)を抑えて、伊達みきお(2位)、富澤たけし(4位)が個人でも上位に食い込む圧倒的な強さを誇る。

 今回の富澤のドラマ進出で、今後、さらに人気や知名度が上がることが予想されるが、事実、今、富澤の元には多くのドラマ&映画の出演オファーが殺到しているという。前出のドラマ関係者によれば、来年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」や2023年春放送予定の連続テレビ小説「らんまん」への出演の打診も舞い込んでいるというのだから驚く。

 俳優としてのキャリアは浅いため、ギャラが格安であることも追い風になっているようだ。今後は俳優&芸人の二足のわらじを履いていくことが想定される富澤。今年下半期もサンドウィッチマンの“無双状態”は続きそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず