三浦瑠麗氏は疑惑噴出でTV界から“自主退場” 加速するポスト争奪戦に挙がる「4人の名前」

公開日: 更新日:

「めざまし8」(フジテレビ系)や「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系)などにレギュラー出演し、数々のバラエティー番組や教養番組、講演などにも引っ張りだこだった国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)が“退場”したことを受け“ポスト三浦”探しが加速している。

「テレビ局は水面下で多くの女性文化人の争奪戦を展開している。もともと三浦の場合、レギュラーはフジとテレ朝でしたが、需要はかなりあり、仕事や育児が忙しいために断っていたんです。テレビだけでもかなりの収入がある売れっ子だった」(キー局関係者)

 経緯を振り返っておくと、売れっ子だった瑠麗氏が退場した理由は夫・三浦清志氏が代表を務める投資会社「トライベイキャピタル(以下T社)」に東京地検特捜部の家宅捜索が入ったことだった。T社は都内の某投資会社に稼働する見込みのない太陽光発電事業へ10億円出資させた詐欺容疑で刑事告訴された。しかも、この10億円を流用した業務上横領の疑いもかけられている。

 東京地検の家宅捜索が入った当初、徹底して無関係を主張していた瑠麗氏。しかし、自身のシンクタンク「山猫総合研究所」とT社の本拠地が同じであったことや、過去にツイッターなどで太陽光発電事業に対し積極的な意見を発信していたことをネットなどで追及されると瑠麗氏は貝のように口を閉ざしてしまった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  2. 2

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 3

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  1. 6

    くすぶっていた木村拓哉&新垣結衣“身長差問題”は杞憂? 「教場0」で相まみえるシーン複数

  2. 7

    昭恵夫人が講演で“固まる”珍事…参加者に旧統一教会の政治団体会員、質疑で安倍元首相を礼賛

  3. 8

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  4. 9

    11日開幕エビアン選手権でわかる? 渋野日向子「完全復活」の試金石

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」