《見ていて気分悪くなった》…宝塚歌劇団は"いじめ・パワハラ全面否定"会見で評価ガタ落ち

公開日: 更新日:

 宝塚歌劇団が14日、25歳の劇団員が9月末に死亡した問題で会見を行い、外部弁護士チームによる調査報告を公表し、遺族に謝罪した。

 だが、報告書を読み上げた井塲睦之理事・制作部長は、終始資料に目を落とし、淡々と字面を読み上げるのみ。起こった事実や亡くなった劇団員に対する悲しみは感じられなかった。結局、上級生からの「指導内容は社会通念に照らして不当とはいえない」「ハラスメントやいじめは確認できなかった」などと、いじめやパワハラは"全面否定"している。

「上級生側の証言を支持した内容で、遺族が上級生からのパワハラを訴えているにもかかわらず、全面否定。さらに受け手の心情を慮る発言もありませんでした。一方、過密スケジュールを認め、健康面での『安全配慮義務十分果たせなかった』という責任を取る形で幕引きを図ろうとしているのではないか、といった印象を与えました。会見直前にはOGがパワハラの実態を告白しはじめていただけに、劇団側がこのタイミングでもパワハラを全面否定した会見をしたことで、不信感を抱いたファンは多いでしょう」(週刊誌記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク