愛人に刺殺された元祖ものまね四天王 佐々木つとむ

公開日: 更新日:

<1987年9月>

 はたけんじ、団しん也、堺すすむとともに「元祖ものまね四天王」として活躍した佐々木つとむ。渥美清や田中角栄の物まねで一世を風靡(ふうび)したが、87年9月、全身メッタ刺しの刺殺死体で発見される。その後、容疑者として指名手配された同居女性は青森県むつ市で入水自殺しているのが発見されるなど、人気物まねタレントを巡る凄惨な事件は世間に衝撃を与えた。

 佐々木(享年40)の惨殺死体が発見されたのは9月4日深夜。連絡が途絶えて不審に思った所属事務所社長が不動産屋の許可を得て、都内にあったアパートの鍵を壊し中に入ったところ、6畳間で毛布をかぶって寝かされている佐々木を見つける。現場は一面の血の海で、毛布から出ている足が変色しており、社長はあわてて近くの派出所に通報した。

 佐々木は文化包丁で全身十数カ所をメッタ刺しにされ、死後5~6日が経過、すでに腐乱が始まっていた。争った形跡はなく、枕元に水の入ったコップがそなえられており、凶器の包丁は水で洗われ、台所に放り投げてあった。部屋の借り主は39歳の佐々木の愛人だったが、姿はなく、「私もすぐお父さんのそばに行きます。私がお父さんを殺すなんて夢にも思わなかった。あの世で2人でやりなおそうね」と走り書きのメモが残されていた。警察は女性を指名手配、行方を追った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る