愛人に刺殺された元祖ものまね四天王 佐々木つとむ

公開日: 更新日:

<1987年9月>

 はたけんじ、団しん也、堺すすむとともに「元祖ものまね四天王」として活躍した佐々木つとむ。渥美清や田中角栄の物まねで一世を風靡(ふうび)したが、87年9月、全身メッタ刺しの刺殺死体で発見される。その後、容疑者として指名手配された同居女性は青森県むつ市で入水自殺しているのが発見されるなど、人気物まねタレントを巡る凄惨な事件は世間に衝撃を与えた。

 佐々木(享年40)の惨殺死体が発見されたのは9月4日深夜。連絡が途絶えて不審に思った所属事務所社長が不動産屋の許可を得て、都内にあったアパートの鍵を壊し中に入ったところ、6畳間で毛布をかぶって寝かされている佐々木を見つける。現場は一面の血の海で、毛布から出ている足が変色しており、社長はあわてて近くの派出所に通報した。

 佐々木は文化包丁で全身十数カ所をメッタ刺しにされ、死後5~6日が経過、すでに腐乱が始まっていた。争った形跡はなく、枕元に水の入ったコップがそなえられており、凶器の包丁は水で洗われ、台所に放り投げてあった。部屋の借り主は39歳の佐々木の愛人だったが、姿はなく、「私もすぐお父さんのそばに行きます。私がお父さんを殺すなんて夢にも思わなかった。あの世で2人でやりなおそうね」と走り書きのメモが残されていた。警察は女性を指名手配、行方を追った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る