乳がんで右乳房を切除した塩沢とき

公開日:  更新日:

<1985年8月>

 キノコのような独特の巨大ヘアと過激な下ネタトークで話題を呼んだ塩沢とき。がんとの闘いを繰り返し、何度も生還したことでも知られているが、中でも印象に残るのはブレーク直後の1985年8月、乳がんで右乳房を失った時のエピソード。

 50年に美人女優としてデビュー以来、映画やテレビで活動。「愛の戦士レインボーマン」(73年、テレビ朝日)の魔女・イグアナ役など個性的な役もこなし、脇役としての出演が多かった。

 しかし、84年「ライオンのいただきます」(フジテレビ)に出演して以来、人気が急上昇。小堺一機が司会を務める同番組では視聴者から寄せられる「身のシタ相談」のハガキに対し、松尾和子や清川虹子、小森和子らと共に上品な口調でハチャメチャなセックス談議を繰り広げた。他にも週刊誌のインタビュー記事等で過去の性遍歴や不倫経験を赤裸々に披露して話題を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る