乳がんで右乳房を切除した塩沢とき

公開日: 更新日:

<1985年8月>

 キノコのような独特の巨大ヘアと過激な下ネタトークで話題を呼んだ塩沢とき。がんとの闘いを繰り返し、何度も生還したことでも知られているが、中でも印象に残るのはブレーク直後の1985年8月、乳がんで右乳房を失った時のエピソード。

 50年に美人女優としてデビュー以来、映画やテレビで活動。「愛の戦士レインボーマン」(73年、テレビ朝日)の魔女・イグアナ役など個性的な役もこなし、脇役としての出演が多かった。

 しかし、84年「ライオンのいただきます」(フジテレビ)に出演して以来、人気が急上昇。小堺一機が司会を務める同番組では視聴者から寄せられる「身のシタ相談」のハガキに対し、松尾和子や清川虹子、小森和子らと共に上品な口調でハチャメチャなセックス談議を繰り広げた。他にも週刊誌のインタビュー記事等で過去の性遍歴や不倫経験を赤裸々に披露して話題を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    検察もア然…安倍首相「言論テレビ」でついたもう一つの嘘

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る