乳がんで右乳房を切除した塩沢とき

公開日: 更新日:

<1985年8月>

 キノコのような独特の巨大ヘアと過激な下ネタトークで話題を呼んだ塩沢とき。がんとの闘いを繰り返し、何度も生還したことでも知られているが、中でも印象に残るのはブレーク直後の1985年8月、乳がんで右乳房を失った時のエピソード。

 50年に美人女優としてデビュー以来、映画やテレビで活動。「愛の戦士レインボーマン」(73年、テレビ朝日)の魔女・イグアナ役など個性的な役もこなし、脇役としての出演が多かった。

 しかし、84年「ライオンのいただきます」(フジテレビ)に出演して以来、人気が急上昇。小堺一機が司会を務める同番組では視聴者から寄せられる「身のシタ相談」のハガキに対し、松尾和子や清川虹子、小森和子らと共に上品な口調でハチャメチャなセックス談議を繰り広げた。他にも週刊誌のインタビュー記事等で過去の性遍歴や不倫経験を赤裸々に披露して話題を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る