• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

乳がんで右乳房を切除した塩沢とき

<1985年8月>

 キノコのような独特の巨大ヘアと過激な下ネタトークで話題を呼んだ塩沢とき。がんとの闘いを繰り返し、何度も生還したことでも知られているが、中でも印象に残るのはブレーク直後の1985年8月、乳がんで右乳房を失った時のエピソード。

 50年に美人女優としてデビュー以来、映画やテレビで活動。「愛の戦士レインボーマン」(73年、テレビ朝日)の魔女・イグアナ役など個性的な役もこなし、脇役としての出演が多かった。

 しかし、84年「ライオンのいただきます」(フジテレビ)に出演して以来、人気が急上昇。小堺一機が司会を務める同番組では視聴者から寄せられる「身のシタ相談」のハガキに対し、松尾和子や清川虹子、小森和子らと共に上品な口調でハチャメチャなセックス談議を繰り広げた。他にも週刊誌のインタビュー記事等で過去の性遍歴や不倫経験を赤裸々に披露して話題を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る