明石家さんま 大竹しのぶとのバツイチ離婚会見

公開日:  更新日:

<1992年9月>

 88年9月に電撃入籍して話題をさらった明石家さんま(当時33)と大竹しのぶ(当時31)。

 92年9月、4年目の結婚記念日を目前に離婚してしまったが、会見の際、さんまが使った“バツイチ”が流行語になるなど社会現象を巻き起こした。さんまは離婚や結婚生活を、今もネタにして受けている。

 2人が知り合ったきっかけは、86年夏のTBSドラマ「男女7人夏物語」での共演。当時、大竹はTBSプロデューサー服部晴治氏と結婚し、1歳の息子もいた。だが、服部氏はがん闘病中で、大竹とさんまのことを怒るどころか、さんまに大竹のその後を頼んだというエピソードが有名だ。服部氏は87年7月、47歳で亡くなった。

 2人が結婚したのは一周忌が明けて間もない88年9月29日。電撃入籍だった。披露宴などは行われず、翌89年9月には長女IMALUが誕生、幸せな家庭生活がスタートしたかに思えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る