初監督映画で本物の拳銃をぶっ放した唐十郎

公開日:  更新日:

<1976年4月>

 4月14日、毎日新聞の社会面に「ロケで実弾発射 唐十郎ら外国製短銃使って」という見出しが躍った。同12日午後4時すぎ、唐(当時36)が監督を務める映画「任侠外伝・玄海灘」の撮影で本物の拳銃が使われたというもの。本番前に唐が1発、主演した安藤昇(同49)が3発、ポリバケツやカモメを標的に試し撃ち。本番では、真鶴半島沖で安藤が海に映る満月に向かって実弾2発を撃った。

「毎日だけに唐側から情報がもたらされていた」と話すのは他紙の元社会部記者。系列のスポニチでも報道。また、記事が出た14日には「サンデー毎日」で作家の森敦との対談が行われ、唐は「弾着でやるとかの方法はあるんですけど、それだとどうも力が出ない。そこで拳銃を使った」と語っている。“弾着”とは火薬などを使って、弾が当たったように演出すること。何回かテストを繰り返したが、迫力が出なかったので本物を使うことにしたのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る