初監督映画で本物の拳銃をぶっ放した唐十郎

公開日:  更新日:

<1976年4月>

 4月14日、毎日新聞の社会面に「ロケで実弾発射 唐十郎ら外国製短銃使って」という見出しが躍った。同12日午後4時すぎ、唐(当時36)が監督を務める映画「任侠外伝・玄海灘」の撮影で本物の拳銃が使われたというもの。本番前に唐が1発、主演した安藤昇(同49)が3発、ポリバケツやカモメを標的に試し撃ち。本番では、真鶴半島沖で安藤が海に映る満月に向かって実弾2発を撃った。

「毎日だけに唐側から情報がもたらされていた」と話すのは他紙の元社会部記者。系列のスポニチでも報道。また、記事が出た14日には「サンデー毎日」で作家の森敦との対談が行われ、唐は「弾着でやるとかの方法はあるんですけど、それだとどうも力が出ない。そこで拳銃を使った」と語っている。“弾着”とは火薬などを使って、弾が当たったように演出すること。何回かテストを繰り返したが、迫力が出なかったので本物を使うことにしたのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る