東野英治郎 74歳で愛人と入籍した黄門さま

公開日: 更新日:

<1982年5月>

 独特の高笑いの黄門さまといえば、まず思い出すのは東野英治郎。結婚は遠い昔の1940年のこと。当時、大学に通いながら劇団で活動していた東野は12歳年上の下宿のおかみ、英のさんと結婚した。英のさんはまだ売れない東野の劇団活動を支え、2年後には長男の英心も生まれた。

 しかし、俳優活動が軌道に乗り始めた51年、まだ9歳の一人息子と妻の元を去り、テニスで知り合った19歳の学生と同居する。離婚調停も何度か行われたが、夫人はガンとして離婚を拒否。東野は25歳下の内縁の妻と不倫生活を始めた。

 まだ幼い英心は母と自分を捨てた父親に反発も覚えたが、東野は家に残した家族を気遣い、毎月20万円の仕送りは欠かさなかった。家に仕送りを届けた帰り、手をつなぎながら駅まで見送る英心に「大きくなったらわかると思うけど、すべて俺が悪いんだ」とつぶやいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る