東野英治郎 74歳で愛人と入籍した黄門さま

公開日: 更新日:

<1982年5月>

 独特の高笑いの黄門さまといえば、まず思い出すのは東野英治郎。結婚は遠い昔の1940年のこと。当時、大学に通いながら劇団で活動していた東野は12歳年上の下宿のおかみ、英のさんと結婚した。英のさんはまだ売れない東野の劇団活動を支え、2年後には長男の英心も生まれた。

 しかし、俳優活動が軌道に乗り始めた51年、まだ9歳の一人息子と妻の元を去り、テニスで知り合った19歳の学生と同居する。離婚調停も何度か行われたが、夫人はガンとして離婚を拒否。東野は25歳下の内縁の妻と不倫生活を始めた。

 まだ幼い英心は母と自分を捨てた父親に反発も覚えたが、東野は家に残した家族を気遣い、毎月20万円の仕送りは欠かさなかった。家に仕送りを届けた帰り、手をつなぎながら駅まで見送る英心に「大きくなったらわかると思うけど、すべて俺が悪いんだ」とつぶやいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る