• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東野英治郎 74歳で愛人と入籍した黄門さま

<1982年5月>

 独特の高笑いの黄門さまといえば、まず思い出すのは東野英治郎。結婚は遠い昔の1940年のこと。当時、大学に通いながら劇団で活動していた東野は12歳年上の下宿のおかみ、英のさんと結婚した。英のさんはまだ売れない東野の劇団活動を支え、2年後には長男の英心も生まれた。

 しかし、俳優活動が軌道に乗り始めた51年、まだ9歳の一人息子と妻の元を去り、テニスで知り合った19歳の学生と同居する。離婚調停も何度か行われたが、夫人はガンとして離婚を拒否。東野は25歳下の内縁の妻と不倫生活を始めた。

 まだ幼い英心は母と自分を捨てた父親に反発も覚えたが、東野は家に残した家族を気遣い、毎月20万円の仕送りは欠かさなかった。家に仕送りを届けた帰り、手をつなぎながら駅まで見送る英心に「大きくなったらわかると思うけど、すべて俺が悪いんだ」とつぶやいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る