東野英治郎 74歳で愛人と入籍した黄門さま

公開日:  更新日:

<1982年5月>

 独特の高笑いの黄門さまといえば、まず思い出すのは東野英治郎。結婚は遠い昔の1940年のこと。当時、大学に通いながら劇団で活動していた東野は12歳年上の下宿のおかみ、英のさんと結婚した。英のさんはまだ売れない東野の劇団活動を支え、2年後には長男の英心も生まれた。

 しかし、俳優活動が軌道に乗り始めた51年、まだ9歳の一人息子と妻の元を去り、テニスで知り合った19歳の学生と同居する。離婚調停も何度か行われたが、夫人はガンとして離婚を拒否。東野は25歳下の内縁の妻と不倫生活を始めた。

 まだ幼い英心は母と自分を捨てた父親に反発も覚えたが、東野は家に残した家族を気遣い、毎月20万円の仕送りは欠かさなかった。家に仕送りを届けた帰り、手をつなぎながら駅まで見送る英心に「大きくなったらわかると思うけど、すべて俺が悪いんだ」とつぶやいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る