東野英治郎 74歳で愛人と入籍した黄門さま

公開日: 更新日:

 一方、女性は東野の個人マネジャーとして活動を支えた。東野は関係者に「ワイフだ」と紹介することもあった。もっとも、東野は俳優座の重鎮で周囲は見て見ぬフリをし、不倫生活が報道されることはなかった。

 しかし、81年2月、英のさんが86歳で亡くなったことをきっかけに「2人の妻スキャンダル」がマスコミを賑わせることに。30年ぶりに“自宅”の敷居をまたいだ東野は喪主を英心にゆずり、遺影を抱いて告別式に臨んで、「もう30年も前のことで、今はおぼろげになってしまったが、英のはよくできた人でした。僕が売れなかったころに知り合って結婚し、どんなに苦労させたことか。いまでもあの人を尊敬しています」と亡き妻の思い出を語った。マスコミはそんな東野家の複雑な家庭環境を書きたてた。

 東野の再婚にも注目が集まったが、英心は「父が泣いているのを見ながら、父を許さなければいけないと思った」という一方、「僕としては入籍は賛成できない」と再婚を拒否。さらに、生前東野に面会を希望していた英のさんが関係者に門前払いされたことも暴露して、不信感をあらわにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る