日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

成宮引退で大迷惑 前田敦子の初主演作が“お蔵入り”ピンチ

 俳優・成宮寛貴(34)の薬物疑惑と引退騒動で、出演CMの放送打ち切りなどテレビ界には大きな波紋が広がっている。とりわけ「ダメージが大きい」ともっぱらなのが、元AKB48で女優の前田敦子(25)だ。

 前田は来年1月スタートのドラマ「就活家族 ~きっと、うまくいく~」(テレビ朝日系)に出演予定。そのカレシ役を成宮が務めていたため、制作現場はパニックに。すでに3話分を撮り終えていたが、成宮の出演シーンは俳優・渡辺大(32)を代役に立てて撮り直すことになり、シッチャカメッチャカになっている。

 “成宮ショック”はそれだけではない。前田がAKB卒業後に初めて主演した映画「クロユリ団地」(2013年)は、成宮とのダブル主演作だった。地上波ではいまだ未公開だが、成宮がコカイン使用疑惑を抱えたまま電撃引退したことで、テレビでの放送は難しくなる可能性が指摘されている。

 AKB在籍当時から女優業が夢だった前田。成宮のトバッチリで来季ドラマにミソが付いただけでなく、記念すべき初主演映画まで“お蔵入り”になってしまうのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事