• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「毒島ゆり子」視聴率回復 前田敦子は“エロ路線”が売れる

 ホッと一安心した人も多かったに違いない。一部のファンには支持を受けていたものの、先週失速してしまった前田敦子(24)主演のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系、水曜深夜0時10分~)が視聴率を持ち直したからだ。18日放送分が1.5%だったのに対して25日放送分は2.5%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「もともと、前回失速した理由も決して“ドラマが不評だった”からでないことはハッキリしていました。女子バレー『日本―タイ』戦の中継が延びてしまったため、『毒島』のスタートが1時間27分も遅れてしまったから。この回を除けば平均して2.8%を維持していて、この時間帯としては立派に合格点です」(テレビ関係者)

「合格」の理由はハッキリしている。シャワーシーンあり、ベッドシーンありという前田の大胆演技がファンに支持されているからだ。これまで前田主演のドラマといえば「花ざかりの君たちへ」や「ど根性ガエル」などゴールデンやプライム帯にもかかわらず6%前後という打ち切り寸前の状態が続いていた。だったら、いっそのこと前田はこのまま「エロ路線」を突き進んでみたらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る