「毒島ゆり子」視聴率回復 前田敦子は“エロ路線”が売れる

公開日: 更新日:

 ホッと一安心した人も多かったに違いない。一部のファンには支持を受けていたものの、先週失速してしまった前田敦子(24)主演のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系、水曜深夜0時10分~)が視聴率を持ち直したからだ。18日放送分が1.5%だったのに対して25日放送分は2.5%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「もともと、前回失速した理由も決して“ドラマが不評だった”からでないことはハッキリしていました。女子バレー『日本―タイ』戦の中継が延びてしまったため、『毒島』のスタートが1時間27分も遅れてしまったから。この回を除けば平均して2.8%を維持していて、この時間帯としては立派に合格点です」(テレビ関係者)

「合格」の理由はハッキリしている。シャワーシーンあり、ベッドシーンありという前田の大胆演技がファンに支持されているからだ。これまで前田主演のドラマといえば「花ざかりの君たちへ」や「ど根性ガエル」などゴールデンやプライム帯にもかかわらず6%前後という打ち切り寸前の状態が続いていた。だったら、いっそのこと前田はこのまま「エロ路線」を突き進んでみたらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る