「毒島ゆり子」視聴率回復 前田敦子は“エロ路線”が売れる

公開日: 更新日:

 ホッと一安心した人も多かったに違いない。一部のファンには支持を受けていたものの、先週失速してしまった前田敦子(24)主演のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系、水曜深夜0時10分~)が視聴率を持ち直したからだ。18日放送分が1.5%だったのに対して25日放送分は2.5%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「もともと、前回失速した理由も決して“ドラマが不評だった”からでないことはハッキリしていました。女子バレー『日本―タイ』戦の中継が延びてしまったため、『毒島』のスタートが1時間27分も遅れてしまったから。この回を除けば平均して2.8%を維持していて、この時間帯としては立派に合格点です」(テレビ関係者)

「合格」の理由はハッキリしている。シャワーシーンあり、ベッドシーンありという前田の大胆演技がファンに支持されているからだ。これまで前田主演のドラマといえば「花ざかりの君たちへ」や「ど根性ガエル」などゴールデンやプライム帯にもかかわらず6%前後という打ち切り寸前の状態が続いていた。だったら、いっそのこと前田はこのまま「エロ路線」を突き進んでみたらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る