写真誌のスクープが引き金で解散を発表をしたSPEED

公開日: 更新日:

<2000年3月>

 島袋寛子上原多香子今井絵理子新垣仁絵の沖縄アクターズスクール出身の4人組「SPEED」。97年10月発売「White Love」の200万枚を筆頭に、CD・DVDの総売り上げが3000万枚を記録する人気だったが、99年に突如解散を発表した。

 当時、メンバーはグループと並行してソロ活動も行っていた。このため解散説がマスコミを賑わしたこともあったが、いずれも噂の域を出ないたわいないものだった。

 しかし、99年10月、写真週刊誌が動いて「“男と暮らす”島袋15歳の選択」という衝撃的な見出しとともに、解散報道を記事にしようとしていることが発覚。事務所側は発売前日、10月5日午後4時過ぎに急きょ会見を開き、SPEEDの解散を発表した。

 会見の口火を切った上原(当時16)は「解散という話は去年から社長とみんなで相談して話し合ってきました。もっと時間が欲しかったので」と語った。続いて、島袋も「もっと将来を考える時間があったり、勉強したいというものもありました」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る