• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

写真誌のスクープが引き金で解散を発表をしたSPEED

<2000年3月>

 島袋寛子、上原多香子、今井絵理子、新垣仁絵の沖縄アクターズスクール出身の4人組「SPEED」。97年10月発売「White Love」の200万枚を筆頭に、CD・DVDの総売り上げが3000万枚を記録する人気だったが、99年に突如解散を発表した。

 当時、メンバーはグループと並行してソロ活動も行っていた。このため解散説がマスコミを賑わしたこともあったが、いずれも噂の域を出ないたわいないものだった。

 しかし、99年10月、写真週刊誌が動いて「“男と暮らす”島袋15歳の選択」という衝撃的な見出しとともに、解散報道を記事にしようとしていることが発覚。事務所側は発売前日、10月5日午後4時過ぎに急きょ会見を開き、SPEEDの解散を発表した。

 会見の口火を切った上原(当時16)は「解散という話は去年から社長とみんなで相談して話し合ってきました。もっと時間が欲しかったので」と語った。続いて、島袋も「もっと将来を考える時間があったり、勉強したいというものもありました」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る