「アルマイトのカップで返礼」 斎藤洋介さんが語る山岳部と酒

公開日:  更新日:

 善人から悪役まで存在感ある脇役を演じさせれば、ピカイチの演技で知られる斎藤洋介さん(64)。実は芸能界屈指の酒好きだ。

 酒を飲みだしたのは早かったですよ。勝手に時効にしちゃうけど、高校1年でしたから。僕は名古屋出身で、高校はミッション系の男子校。部活で入ったのが山岳部。日本アルプスとか、3000メートル級の山々を重装備で登る本格的な体育会系でした。登山の時は宿営地で飲むのが定番なんですよ。

 たぶん、万が一の寒冷地での遭難に備えて酒はたしなんでおくもんだっていうのが、いつのまにか伝統になって……。

 さすがに、未成年の飲酒に厳しいご時世だから、現在も続いてるかはわからないですよ。でも、男子校ってこともあったんだろうけど、僕が高校生だった60年代は結構、大目に見られていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る