作曲家・三枝成彰さん 学生時代はゴールデン街につぎ込んだ

公開日:  更新日:

 日本を代表する作曲家のひとり、三枝成彰さん。さまざまな分野に精通する粋人としても知られているが、酒も幅広い。ガード下の焼き鳥店から高級料亭まで酒席の守備範囲は広く、世界各国での思い出も数多い。

■飲み代はピアノのレッスンで稼いだバイト代

 酒は切れたことがないなあ。1浪して東京芸術大学音楽学部作曲科に入学して以来、ずっと飲んでます。休肝日なんて月に1度あるかないか。もちろん健康診断とか検査入院の前後は飲まないけど、それ以外は飲みっぱなしですよ。

 父がかなりの酒豪でしてね。そのDNAを引き継いでいて、それなりにイケる口です。70歳すぎた今でも、日本酒なら1升、ウイスキーだとボトル1本空けても、酔いつぶれるなんて、まずありませんから。

 大学時代の行きつけは新宿ゴールデン街。1960年代の半ば、まだ青線(非合法の売春地域)があって、怪しすぎて入るのをちゅうちょするような店がたくさんあったころです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る