押井守監督が振り返る タツノコ時代の忘年会は必ず乱闘騒ぎ

公開日:  更新日:

「機動警察パトレイバー the Movie」(89年)、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(97年)、「イノセンス」(04年)といったアニメ映画で知られる押井守監督(63)。最近は公開中の「東京無国籍少女」など実写作品が注目されている。酒好きで、飲みだすと徹夜になることも度々で……。

■今のアニメ界では誘っても「飲めませんから」

 酒を覚えたのは、やっぱり大学に入ってからだね。

 僕は東京・小金井市にある東京学芸大学に70年入学なんだけど、貧乏学生だったから、居酒屋なんて行けなくてさ。酒屋で一番安いホワイトリカー(甲類焼酎)とかジンを買って、もっぱら映像芸術研究会の部室で飲んでました。

 当時はまだ構内に学園紛争の余韻が残っていたころで、部室は治外法権的な場所だから、飲酒しようがお構いなし。話し込んでは朝まで飲み続けてたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る