• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

押井守監督が振り返る タツノコ時代の忘年会は必ず乱闘騒ぎ

「機動警察パトレイバー the Movie」(89年)、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(97年)、「イノセンス」(04年)といったアニメ映画で知られる押井守監督(63)。最近は公開中の「東京無国籍少女」など実写作品が注目されている。酒好きで、飲みだすと徹夜になることも度々で……。

■今のアニメ界では誘っても「飲めませんから」

 酒を覚えたのは、やっぱり大学に入ってからだね。

 僕は東京・小金井市にある東京学芸大学に70年入学なんだけど、貧乏学生だったから、居酒屋なんて行けなくてさ。酒屋で一番安いホワイトリカー(甲類焼酎)とかジンを買って、もっぱら映像芸術研究会の部室で飲んでました。

 当時はまだ構内に学園紛争の余韻が残っていたころで、部室は治外法権的な場所だから、飲酒しようがお構いなし。話し込んでは朝まで飲み続けてたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る