• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

押井守監督が振り返る タツノコ時代の忘年会は必ず乱闘騒ぎ

「機動警察パトレイバー the Movie」(89年)、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(97年)、「イノセンス」(04年)といったアニメ映画で知られる押井守監督(63)。最近は公開中の「東京無国籍少女」など実写作品が注目されている。酒好きで、飲みだすと徹夜になることも度々で……。

■今のアニメ界では誘っても「飲めませんから」

 酒を覚えたのは、やっぱり大学に入ってからだね。

 僕は東京・小金井市にある東京学芸大学に70年入学なんだけど、貧乏学生だったから、居酒屋なんて行けなくてさ。酒屋で一番安いホワイトリカー(甲類焼酎)とかジンを買って、もっぱら映像芸術研究会の部室で飲んでました。

 当時はまだ構内に学園紛争の余韻が残っていたころで、部室は治外法権的な場所だから、飲酒しようがお構いなし。話し込んでは朝まで飲み続けてたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る