押井守監督が振り返る タツノコ時代の忘年会は必ず乱闘騒ぎ

公開日: 更新日:

「機動警察パトレイバー the Movie」(89年)、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(97年)、「イノセンス」(04年)といったアニメ映画で知られる押井守監督(63)。最近は公開中の「東京無国籍少女」など実写作品が注目されている。酒好きで、飲みだすと徹夜になることも度々で……。

■今のアニメ界では誘っても「飲めませんから」

 酒を覚えたのは、やっぱり大学に入ってからだね。

 僕は東京・小金井市にある東京学芸大学に70年入学なんだけど、貧乏学生だったから、居酒屋なんて行けなくてさ。酒屋で一番安いホワイトリカー(甲類焼酎)とかジンを買って、もっぱら映像芸術研究会の部室で飲んでました。

 当時はまだ構内に学園紛争の余韻が残っていたころで、部室は治外法権的な場所だから、飲酒しようがお構いなし。話し込んでは朝まで飲み続けてたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る